アブラチャン(クスノキ科)
Lindera praecox (Lauraceae)

本州、四国、九州の山野に生える落葉低木~小高木。葉は互生し、卵形~楕円形で先は尖り、全縁。花期3~4月。葉より花が先に咲く。果実は球形で直径1.5cmほどになる。名の由来は幹枝に油分が多くよく燃えるので、油瀝青と称されたことによるという(瀝青はチャンと読む)。

aburachan

→戻る:PCmobile(花:2006.3.25;津久井町青山 実(円内):2005.6.25;相模湖町寸沢嵐)