エイザンスミレ(スミレ科)
Viola eizanensis (Violaceae)

本州、四国、九州の山地の林内に生える多年草。根生する葉は3全裂し、更に側葉は2裂する。花期3~5月。葉が3全裂するのは本種とヒゴスミレぐらいで他のスミレ類と区別しやすい。名は叡山菫で、比叡山で初めて発見されたのでこのように命名された。

eizannsumire

→戻る:PCmobile(2005.4.23;相模湖町寸沢嵐)