オオアラセイトウ(アブラナ科)
Orychophragmus violaceus (Brassicaceae)

中国原産の二年草。根生葉、下部の葉は羽状に深裂するが、上部は互生し、基部は茎を抱く。縁には鋸歯がある。花期3~5月。観賞用に栽培されていたものが各地に野生化している。別名ショカッサイ、ハナダイコン。名は大アラセイトウであり、アラセイトウMatthiola incanaに似ていて大型であるから名付けられた。アラセイトウはアブラナ科植物で南欧州の原産。別名のハナダイコンがもっとも名の由来が明快であるが、ショカッサイは諸葛孔明に因んで諸葛菜というが真の由来はわからない。

ooaraseitou

→戻る:PCmobile(2004.4.3;相模湖町寸沢嵐)