ガガイモ(キョウチクトウ科)
Metaplexis japonica (Apocynaceae)

本邦各地の日当たりのよい乾いた原野に生えるつる性多年草。葉は対生し、卵状心形で先は尖り全縁。花序は葉腋からでる。花期は8月。全草及び根を蘿摩ラマ、果実を蘿摩子ラマシと称し、中国で強壮、強精薬とする。成分としてプレグナン配糖体を含む。名の由来は不明。

gagaimo

→戻る:PCmobile(2004.7.19;八王子市鑓水