キツネササゲ(マメ科)
Dumasia truncata (Fabaceae)

本州、四国、九州の山地の林縁などに生えるつる性多年草。葉は3出複葉で互生し、小葉は長卵形で全縁。豆果は熟すと紫色となり裂開し種子が裸出する。花期8~9月。別名ノササゲ。名の由来はササゲVigna sinensisに似ていてキツネに化かされるほどという意味で名付けられた。

kitsunesasage

→戻る:PCmobile(花:2005.10.10;八王子市中山;実:2004.10.2;相模湖町寸沢嵐)