サワフタギ(ハイノキ科)
Symplocos sawafutagi (Symplocaceae)

北海道、本州、四国、九州の各地の山野に生える落葉低木~小高木。葉は互生し、倒卵形~楕円形で先端は短く尖り、縁に細かい鋸歯がある。材は工芸に用いる。花期は5~6月。名は沢蓋木で、沢を覆い隠すからだというが、沢筋に生えることは少ないようである。神奈川県津久井地方ではタマアジサイをサワフタギと称しているが、こちらの方が現実に忠実である。

sawafutagi

→戻る:PCmobile(2005.5.4;八王子市下柚木)