スベリヒユ(スベリヒユ科)
Portulaca oleracea (Portulaceae)

本邦全土の日当たりのよい畑地や道端、荒地などに生える多肉質の一年草。葉は互生し、倒卵形で先は円く全縁。花期は7~9月。全草を馬歯莧バシケンと称し、民間薬として解熱、解毒などに用いる。多肉質の芽の部分は食べられる。名は滑りヒユで、葉がすべすべし、ゆでると食べられるからという意味であろうが、ヒユとは食べられること以外に共通性は全くない。

suberihiyu

→戻る:PCmobile(2008.9.2;津久井町又野)