ツノハシバミ(カバノキ科)
Corylus sieboldiana var. sieboldiana (Betulaceae)

本邦各地の山地に生える落葉低木。葉は互生し、卵形~広卵形で先は急に尖り、縁に重鋸歯がある。花期は3~4月。クチバシ状の果実は刺毛が密生するが食べられる。同族種のセイヨウハシバミCorylus avellanaの種子はヘーゼルナッツの名で世界的に知られる。

tsunohashibami

→戻る:PCmobile(花:2006.4.15;相模湖町寸沢嵐; 実(円内):2002.8.28;相模湖町寸沢嵐)