マルバコンロンソウ(アブラナ科)
Cardamine tanakae (Brassicaceae)

本州、四国、九州の山野の林内に生える越年草。葉は奇数羽状複葉で互生し、小葉は円心形で縁に鋸歯がある。花期4~5月。全体に白い毛多い。コンロンソウは崑崙草に因むといわれるが、真の名の由来は不明である。同じ名をもつ同属種としてヒロハコンロンソウがある。

marubakonronsou
→戻る:PCmobile(2005.4.9;津久井町城山)