ミゾホオズキ(ハエドクソウ科)
Mimulus nepalensis (Phrymaceae)

本邦各地の山地の湿地や溝などに生える多年草。葉は卵形で対生し、縁に粗い鋸歯がある。花期は6~8月で上部の葉腋に1個の花をつける。名は溝ホオズキであり、溝など水湿地に生えて果実がホオズキに似ていることから名付けられたが、分類学的類縁性はない。

mizohoozuki

→戻る:PCmobile(2005.4.23;津久井町青山)