ヤマハタザオ(アブラナ科)
Arabis hirsuta (Brassicaceae)

本邦各地の山野の草地や林縁に生える越年草。根生葉はロゼット状、茎葉は互生し、茎を抱いて縁に波状の鋸歯がある。花期5~7月。名は山旗竿で、同属のハタザオA. glabraに似ていて山地性だからこの名がある。ハタザオの名は、小さな葉、花を茎に密着するようにつけ、ほとんど分枝しないで直立する様子を旗竿に見立てた。左に見える枯れ茎は前年茎である。

yamahatazao
→戻る:PCmobile(2005.5.22;八王子市鑓水)