ヤマウコギ(ウコギ科)
Eleutherococcus spinosus (Araliaceae)

北海道、本州の山野に普通に生える落葉低木。葉は掌状複葉で互生し、小葉は5枚、倒卵状楕円形で先は鈍頭で縁に鋸歯がある。花期は5~6月。根皮を五加皮ゴカヒと称し強壮薬として利用するほか、五加皮酒の原料とする。若葉は食用となる。名はウコギに似ていて山地に生えるから名付けられた。中国原産の同属植物ウコギA. sieboldianusも五加皮の基原植物である。

yamaukogi

→戻る:PCmobile(2005.5.22;八王子市南大沢)