ヤツデ(ウコギ科)
Fatsia japonica (Araliaceae)

関東地方南部以西の本州、四国、九州の沿海地に自生する常緑低木。庭木として植えられたものが各地で逸出している。葉、根皮を去痰薬とする。花期10~11月で、翌年4~5月に黒く熟す。名の由来は八手で、その葉の形態に由来する。別名をテングノフチワという。

yatsude

→戻る:PCmobile(2005.12.18;町田市小山)