カラスウリ(ウリ科)
Trichosanthes cucumeroides (Cucurbitaceae)

本州、四国、九州のやぶや林縁などに生えるつる性多年草。葉は互生し、卵心形~腎心形で全縁ないし3~5浅裂する。雌雄異株で写真は雌花。花期8~9月。種子を王瓜仁オウガニン、根を王瓜根オウガコンと称し利尿、浄血、催乳薬とする。同属種にキカラスウリがあるが、葉には光沢はなく、果実は朱赤色に熟すので区別できる。名は烏瓜であるが、別にカラスが好んで食べる訳でもなさそうである。おそらく人には食べられないということのでカラスの名を付けたのであろう。

karasuuri

→戻る:PCmobile(花:2002.8.29;相模湖町寸沢嵐 実:2002.10.5;八王子市中山)