クマシデ(カバノキ科)
Carpinus japonica (Betulaceae)

本州、四国、九州の山地に生える落葉高木。葉は互生し、長楕円形~披針状楕円形で先は尖り縁に鋸歯がある。花期4月頃。雑木林の構成種の一つ。同属の類似種に雑木林の構成種であるアカシデイヌシデのほか、沢筋に多く生えるサワシバがある。名の由来は同属のアカシデなどに比べて果穂が大きくたくましくみえるので名付けられた。

kumashide

→戻る:PCmobile(2005.5.15;八王子市南大沢)