ヒメウツギ(アジサイ科)
Deutzia gracilis (Hydrangeaceae)

関東地方以西の本州、四国、九州の山地の岩上などに生える落葉低木。葉は対生、長楕円状披針形で先は尖り、細かい鋸歯がある。同属種にウツギマルバウツギがあり、本種はウツギに似ているがずっと小型であり、葉には星状毛は目立たない。花期は5~6月で円錐花序をつける。名は姫空木でウツギに似て小型であることによる。

himeutsugi

→戻る:PCmobile(2005.5.5;相模湖町寸沢嵐)