ヒメヤブラン(キジカクシ科)
Liriope minor (Asparagaceae)

本邦全土の日当たりのよい草地などに生える多年草。花期は7~9月。匍枝を出して増えジャノヒゲによく似ているが、ヤブランの仲間で花は上向きにつけるので区別できる。ヤブランと比べるとずっと小型で花はまばら、葉も細い

himeyaburan
→戻る:PCmobile(2004.8.12;相模湖町寸沢嵐)