ヒメヨツバムグラ(アカネ科)
Galium gracilens (Rubiaceae)

本州、四国、九州各地の日当たりのよい土手、丘陵などに生える多年草。茎は4稜形で細い。葉は4個輪生し、狭披針形または狭長楕円形で先は尖り、縁や裏面に白い毛がある。写真の2個の球をくっつけたようなものが果実である。花期は5~6月。ヨツバムグラとよく似ているが、葉が細く小型である。

himeyotsubamugura

→戻る:PCmobile(2004.5.30;八王子市南大沢)