ミミナグサ(ナデシコ科)
Cerastium fontanum subsp. vulgare var. angustifolium (Caryophyllaceae)

本邦各地の道端、畑などに生える多年草。花期4~6月。全体に短毛があり、茎の上部、萼片には腺毛が混じる。葉は卵形~長楕円形で対生し、葉柄はほとんどない。同属の外来類似種にオランダミミナグサがあるが、本種は花柄が長く茎が暗紫色を帯びていること、軟毛、腺毛がそれほど密生しないことで区別できる。名の由来は耳菜草で、葉の形がネズミの耳に似ていることによるという。

miminagusa

→戻る:PCmobile(2003.4.26;相模湖町寸沢嵐)