ムラサキシキブ(シソ科)
Callicarpa japonica (Lamiaceae)

本邦各地の山野に生える落葉低木。葉は対生し、楕円形~長楕円形で先は尖り、縁に細かい鋸歯がある。花期6~7月で葉腋から集散花序を出す。秋に赤紫色の果実(円内)をつけ美しいので庭木として植栽される。名は鮮やかな赤紫色の果実から紫式部にあやかってつけたものであろう。同属種にヤブムラサキがあるほか、本邦の暖地には果実、花がより大型のオオムラサキシキブが自生する。

murasakishikibu

→戻る:PCmobile(2005.6.26;八王子市南大沢)