ヤブジラミ(セリ科)
Torilis japonica (Apiaceae)

本邦各地の野原や道端に普通に生える二年草。花期5~7月。同属類似種にオヤブジラミがあるが、花弁の縁が色づかないことなどで区別できる。名は薮虱で、本種の茂る薮に入ると衣服につく小さな果実をしらみに見立てて名付けられた。

yabujirami

→戻る:PCmobile(2004.5.15;相模湖町寸沢嵐)