ヤガミスゲ(カヤツリグサ科)
Carex maackii (Cyperaceae)

北海道、本州、九州の川岸や道端の湿ったところに生える多年草。小穂は卵球形でコンペイ糖状で苞は目立たない。花期5~6月。ミコシガヤに似るが、ミコシガヤには小穂の基部に葉状の苞があるので区別できる。名の由来は不明。

yagamisuge

→戻る:PCmobile(2003.5.24;津久井町道志橋下)