シロノセンダングサ(キク科)
Bidens pilosa var. minor (Asteraceae)

世界の熱帯から暖帯に広く分布する原産地不明の一年草。葉は下部で対生状、上部では互生し、葉は3全裂~羽状に全裂し、小葉は卵形~長卵形で先は尖り縁に鋸歯がある。花期は9~11月。しばしば荒地に大群落をつくる。コセンダングサの変種だが、白い舌状花(円内)があるので区別できる。痩果そうかには刺があり衣服につきやすい。同属種にアメリカセンダングダハイアワユクセンダングサ、いずれも外来種で本邦に帰化している。

shironosendangusa

→戻る:PCmobile(2002.9.26;相模湖町寸沢嵐)