チョウジザクラ(バラ科)
Cerasus apetala var. tetsuyae (Rosaceae)

本州と九州の一部の山地に生える落葉低木~小高木。葉は互生、縁に鋸歯があり、倒卵形で先は尾状に尖り、葉柄、葉の裏表ともに軟毛が密生する。花期3~4月。名の由来は花の萼筒が太く筒上でその形が生薬丁子チョウジに似ていることによる。他に野生のサクラとしてヤブザクラヤマザクラがある。

choujizakura

→戻る:PCmobile(2005.4.9;相模湖町寸沢嵐)