テイカカズラ(キョウチクトウ科)
Trachelospermum asiaticum (Apocynaceae)

本州以南の本邦各地の林内に普通に生える常緑藤本。茎は長く伸び、付着根を出して木、岩をよじ登る。葉は対生し、縁は全縁で先は尖り、楕円形で革質で光沢がある。枝先、上部葉腋からまばらな集散花序を出す。花に芳香があり庭木、盆栽とする。花期5~6月。沖縄には同属のオキナワテイカカズラがある。名は定家葛といわれるが、藤原定家との関係は今一つはっきりしない。ムラサキシキブと同じ類いの命名であろうか

teikakazura

→戻る:PCmobile(2004.5.30;相模湖町寸沢嵐)