バイカウツギ(アジサイ科)
Philadelphus satsumi (Hydrangeaceae)

本州、四国、九州の山地に生える落葉低木。葉は対生し、広卵形で先は鋭く尖り、縁にまばらに鋸歯がある。花期は5~6月。名の由来は梅花空木で、花がウメの花に似ているということだが花弁は4枚しかない。また、ウツギの名前がつけられているが、別属である。

baikautsugi

→戻る:PCmobile(2005.5.23;津久井町城山)