ヤマブキソウ(ケシ科)
Hylomecon japonica (Papaveraceae)

本州、四国、九州の山野の林内に生える多年草。花期は4~6月。名前は花がヤマブキと同じく鮮やかな黄色であることに由来する。旧分類では同属とされたクサノオウサンギナリンなどのアルカロイドを含むので、本種もケシ科に特徴的なアルカロイドを吹くことは間違いない。

yamabukisou

→戻る:PCmobile(2005.4.9;相模湖町寸沢嵐)