ヤマタツナミソウ(シソ科)
Scutellaria pekinensis var. transitra (Lamiaceae)

本邦各地の山地の木陰などに生える多年草。卵状三角形の葉は柄があって対生し、鋸歯がある。茎の先の長い花序に一方向に唇形花をつける。花期5~6月。同じような環境に生えほぼ同時期に花をつけるオカタツナミソウは花穂がずっと短いので区別できる。同属他種にタツナミソウコバノタツナミソウなどがある

yamatatsunamisou
→戻る:PCmobile(2005.6.4;相模湖町寸沢嵐