ナツミカン(ミカン科)
Citrus natsudaidai (Rutaceae)

山口県萩市で発生した栽培柑橘の一種。ブンタンの血を引く自然雑種が起源と推定されている。ダイダイとともに生薬枳実キジツの基原植物(未熟果を用いる)の一つで、漢方では胸腹部の膨満感を去る目的で温胆湯、小承気湯、大柴胡湯などに用いる。精油に富み、主成分はモノテルペンであるリモネン (l-limonene)。他にフラボノイドとしてヘスペリジン(hesperidin)ナリンギン(naringin)、フェネチルアミンとしてシネフリン(synephrine)を多く含む。学名をCitrus x auranticumとする見解もある。(→主な精油成分関連ページ

natsumikan

→戻る:PCmobile(2004.8.15;愛知県豊橋市八町通り)