コケリンドウ(リンドウ科)
Gentiana squarrosa (Gentianaceae)

日当たりのよい草地に生える二年草。花期は3~5月。茎葉は対生し、卵形で先は鈍く尖り全縁、一方根生葉はロゼット状につく。リンドウ属植物は薬用とされるものが多いが、本種は小さな草本であり、薬用とされることはない。リンドウ属に共通する特徴としてゲンチオピクロシドあるいはその類縁体(苦味配糖体)を含み強い苦味がある。小型の同属種にフデリンドウがある。小さな個体のため生育適地が少なくなり、急速に姿を消しつつある。名は普通のリンドウに比べて非常に小さいことから名付けられた。

kokerindo

→戻る:PCmobile(2004.4.18;八王子市中山)