ナワシロイチゴ(バラ科)
Rubus parvifolius (Rosaceae)

本邦全土の道端や河原の土手、丘陵などの日当たりのよいところに生える落葉小低木。葉は3出複葉で互生し、小葉は卵形で円頭、縁に不規則な鋸歯がある。枝先や葉腋から集散花序をつけ赤紫色の花を上向きにつける。花期は5~6月。果実は赤熟し食べられる。本種のほか、Rubus属で果実が食べられるものにクサイチゴニガイチゴモミジイチゴなどがある。名は苗代苺で、苗代をつくる時期に実が熟するからこの名がある。

nawashiroichigo

→戻る:PCmobile(花:2005.5.22;八王子市中山;実:2004.7.3;相模湖町寸沢嵐)