ヤエムグラ(アカネ科)
Galium spurium var. echinospermon (Rubiaceae)

本邦全土の人里近くの藪などに普通に生える一~二年草。花期は5~6月。茎は4稜あり、下向きの小さな刺が密生するのでひっかかる。葉は狭倒披針形~広線形で、6~8個が輪生状となる。葉腋から小さな花をつける。ヤエムグラは八重葎で、八重に重なってぼうぼうに生える雑草の意味である。同属類似種にヨツバムグラヒメヨツバムグラがある。万葉集に詠まれる「八重やへ六倉むぐら」は本種ではなくカナムグラである。

yaemugura

→戻る:PCmobile(2005.4.29;八王子市鑓水)