ノハラアザミ(キク科)
Cirsium oligophyllum (Asteraceae)

中部地方以北の本州山地の草地に生える多年草。根生葉は花期にも残り羽状に深裂する。茎葉は上部ほど小さく基部では茎を抱く。花期は8~10月。全草を小薊(ショウケイ)と称し強壮、利尿、止血、消腫に用いる。類似種にノアザミがあるが、秋に咲くことと、本種の総苞片は粘らず、やや反り返ることで区別できる。その他、同じアザミ属植物として在来種のトネアザミと外来種のアメリカオニアザミがある。(→沖縄産のアザミはこちら

noharaazami
→戻る:PCmobile(2004.10.2;相模湖町寸沢嵐)